やっぱりクリック証券に落ち着く

FX取引をするためには証券会社の口座を開設する必要があります。それぞれがいろんなキャンペーンを開催していて見ているだけでもおもしろい。ヒロセ通商なんかは親会社が食品会社ということもあり、取引量に比例して食品がもらえたりします。でも、トレーダーにとってはそんなキャンペーンはどうでもよくて、重要なのはスプレッドと決済が素早く処理されるかどうかです。

 

でもスプレッドが狭くなると滑りが発生するのですから、あちらを立てればこちらが立たずという願望なんですけどね。結局のところ国内ではクリック証券がいちばん無難なのかなー。サイバーエージェントFXがヤフーの子会社になったことによってクリック証券の牙城を崩す存在になるのかなと思いましたが、今のところ別段改良・改悪もない。。ツールの中でははっちゅう君が最強に便利過ぎるので、今後もクリック証券の独走は止まらないんじゃないかな?

やっぱりクリック証券に落ち着く/FXの始めの一歩をサポート記事一覧

私が愛用しているオシレーターのなかにMACDがある。時間足の足が確定するごとに時間軸の違う移動平均線が乖離したり交差したりするのだが、ひと目見ただけで現在の状況を把握できるので重宝している。さまざまな使い方があるが、私は主に新規でポジションを取るときに使っている。ゴールデンクロスorデットクロスのあとの戻りで入るようにしているんだけど、けっこう勝率がいい。たまたま今の相場に合っているだけという見方...
FXで全く勝てない時期がありました、もちろん最初はカンだけに頼った取引で、そのうち負けが込みだしてからは、一度勉強しようと、テクニカル分析やファンダメンタル分析などを学ぶようにしました。確かにテクニカルに行くと、勝率を上げる事が出来るようには感じました、しかし、どうしてもルールに従えない瞬間が来てしまいます、たまに上手く行く事があっても、どうしてもトータルすると負けになってしまいます。そのうち何を...
FXでうまく利益を上げていくためにはチャートをうまく活用することが必要になります。このチャートの基本となるのがローソク足です。ローソク足のうちで、始値が終値より低い陰線のうち、高値と安値を示すヒゲがないものを「陰の丸坊主」というように呼びます。このローソク足の実態が長いほど下落のピッチが早く、かつ勢いが強いものといえます。FXにおいては、相場が長期間にわたって上昇したあとに、長い陰の丸坊主が出るこ...
ボーナスが入るたびに行っている事があります。それはボーナスが入った時に全額、雇用統計に合わせて資金投入する事です。もう恒例行事化しており、7年位そういう事を行っています、もちろん普段の給料日後すぐの雇用統計でも全額では無いですが、雇用統計ギャンブルをします、博打的ですが、今まで勝率7割で、着実に資金を増やせました。しかもいつも決める時はサイコロで決めています、私が色々考えて資金投入しても逆に行く事...
円安のときに105円台までいって、もみ合いがしばらく続くと予想していましたが、そのときFX予想屋と同じように105円台までいく見込みとしていました。FX予想屋が紙面を使って情報を流した時点で、多くのトレーダーはそれを読むわけで、105円までいくというのがどうもあてにならない情報源として考えられるようになります。おそらくそうした予想値の広まりにおいて105円というのが一つの厚みとなって、急落した模様...

このページの先頭へ戻る